お仕事のあれこれ


社内SEの業務内容


社内SEは自社のシステム管理業務が主な仕事になります。
一般的なSEとの違いは、プログラムを作成することがほとんどないことです。

社内SEは基本的に設計と運用が主業務になります。
システム会社以外自社システムは、一般的に外部のシステム会社に委託している会社がほとんどになります。

社内SEは内部の部署担当と、外部のシステム会社との橋渡し役になることが多いです。

そのため各部署で作成するシステムの仕様を考えたり、リリース後の運用を担当することが多くなります。

たとえプログラムを組まなくても、自社のシステムの主担当となるため責任は非常に重大になります。

また各部署ごとに業務が違うので、それぞれに最適なシステムを考案しなければなりません。

リリースしたシステムが業務負担を軽減できるかは、社内SEの設計にかかっているからです。

社内SEは役割が非常に重要なので、やりがいがある責任感の高い仕事になります。